Cygwinのインストール方法+α

この記事では基本的なCygwin*1のインストール手順に加えて、とりあえず私が最初にやっておいた方が良いと思う下記の2点について説明する。

  • apt-cygを使えるようにしておく
  • カレントディレクトリでCygwinを開けるようにしておく

この記事の内容は、既に存在するCygwinのインストール手順について説明したサイトとほとんど同じである。
しかし、既存サイトは、大学の講義での使用を目的とした解説や、特定のソフトウェアの利用のみを目的としたものが散見され、必ずしも万人が使うとは限らないパッケージの導入について述べていることが多い。

そこで本記事は、私の知人たちを初めとした「特定の目的はないが、コマンドを使って日々のファイル・文字列操作を楽にしたい人」向けに説明するものである。


インストール手順

インストーラーの起動

まずCygwinの公式サイトにアクセスする
https://cygwin.com/install.html

ここでは、64bit版を対象とするため、setup-x86_64.exeをクリックして、ファイルをダウンロードする。

f:id:greymd:20140915170539p:plain

ダウンロードした実行ファイルをクリックする。




f:id:greymd:20140915170731p:plain

このようなウィンドウが表示されたら「次へ」をクリック




f:id:greymd:20140915170843p:plain

このウィンドウも「次へ」をクリック




f:id:greymd:20140915170902p:plain
このウィンドウで、RootDirectoryが「C\:cygwin64」であることを確認し、「次へ」をクリック。なおここが「C\:cygwin」の場合は、32bit版をインストールしていることになる*2




f:id:greymd:20140915170907p:plain
ここも、そのまま「次へ」をクリックで良い。



f:id:greymd:20140915170923p:plain
特にプロキシが必要な特別な環境でなければそのまま「次へ」をクリック。



f:id:greymd:20140915170927p:plain
この画面では、Cygwinの追加パッケージなどをダウンロードするためのサーバを選択する。基本的にはどこでもよい*3。ここでは「ftp://ftp.jaist.ac.jp」を選択して「次へ」をクリック。



パッケージのインストール指定

f:id:greymd:20140915170940p:plain
ここでは、インストール指定をするパッケージを選択する。すでにいくつかのパッケージはインストール指定されている。
さて、ここで特定の目的がない場合、どのパッケージをインストール指定したら良いか分からないと思う。そういう時は、下記の(1)~(4)の4つのパッケージをとりあえずインストールしておこう。

Base
┗ gawk … (1)
┗ tar … (2)

Archive
┗ bzip2 … (3)

Web
┗ wget … (4)

上記のものをインストール指定しておけば、後述するapt-cygコマンドによって、後から簡単なコマンドでパッケージの追加インストールができるようになる。そのため、これだけインストールしておけば、この場で特定のパッケージをインストールする機会を逃しても問題はない*4



パッケージのインストール指定の手順だが、例えば(1)のgawkがインストール指定されているかどうかを確認するためには「Base」というパッケージのグループ名の横にある[+]をクリックして、パッケージ一覧を表示する。あるいは上の方にある検索のテキストボックスにパッケージ名を記入して検索をする方法もある。

f:id:greymd:20140915180705p:plain

この時、上記のようにバージョン番号が表示されている場合は、後に自動的にインストールされるため、何もしなくてもよい。


しかし、下記のようにパッケージ名の左側の項目が「Skip」となっている場合は、インストール指定するためにクリックする必要がある。

f:id:greymd:20140915182031p:plain

このようにして「gawk」「tar」「bzip2」「wget」の全てがインストール指定された状態にして「次へ」をクリックする。




f:id:greymd:20140915182415p:plain
インストールが始まる。ここで失敗する場合はプロキシ設定を見直すか、あるいはサーバの設定でサーバを変更する必要があるだろう。





f:id:greymd:20140915182922p:plain
この画面が現れれば、Cygwin事体のインストールは完了したことになる。
あとで起動したいので「Create icon on Desktop」には最低チェックを付けて「完了」をクリックしよう。

apt-cygを使えるようにしておく

apt-cygインストール方法

まずデスクトップからCygwinを起動する。
f:id:greymd:20140915184527p:plain




下記のコマンドをコピーしてCygwinに張り付けて実行する。

wget https://raw.githubusercontent.com/transcode-open/apt-cyg/master/apt-cyg -P /usr/bin && chmod 755 /usr/bin/apt-cyg && 


f:id:greymd:20140915184917p:plain
このような感じに「'/usr/bin/apt-cyg'へ保存完了」と出れば完了。


動作確認

apt-cygはパッケージのインストールを簡単にするためのスクリプトである。下記のようなコマンドを実行すると、パッケージをインストールできる。

apt-cyg install [パッケージ名]

例えば「curl」というパッケージがある。それを下記のコマンドを実行してインストールしてみよう。
f:id:greymd:20140915185716p:plain




成功すると下記のように「Package curl installed」と表示される。このような動作をすればapt-cygは正しく動作している。
f:id:greymd:20140915185912p:plain


カレントディレクトリでCygwinを開けるようにしておく

Cygwinを開くためのバッチファイルのダウンロード

下記のコマンドをコピペしてCygwinで実行

wget https://gist.githubusercontent.com/greymd/6a8b4c07198d87574e8c/raw/1911cfddfe390047722054e50178e56f949792b1/CygwinOpen.bat && mv CygwinOpen.bat / && chmod 755 /CygwinOpen.bat

一応ファイルの中身はこんな感じになっている。

このファイルについては別記事で説明するため、ここでは気にしなくて良い。

これも実行後「CygwinOpen.batへ保存終了」という表示が出れば成功。

Cygwinをどこでも開けるようにレジストリを編集

下記のリンクからCygwinOpen.regという名前でファイルをダウンロード。
(右クリック→名前を付けてリンク先を保存)してください。
https://gist.githubusercontent.com/greymd/9abb53df678674dff5e1/raw/11d1bb6e70c6f91ed2d8187ece56f0b1c9fa1f5a/CygwinOpen.reg

なお、ファイルの中身はこのような感じになっている。

これについても別記事で説明する。なお、32bitの方はCygwinOpen.regを編集して「cygwin64」という文字列を「cygwin」に変更すること。

ダウンロードしたCygwinOpen.regをダブルクリックする。
すると下のようなダイアログが出現するのでOKを押す。
f:id:greymd:20140915191546p:plain


動作確認

フォルダを開いて、適当に背景を右クリックすると右クリックメニューに「CygwinOpen」という項目が追加されている。
f:id:greymd:20140915193120p:plain



それをクリックすると開いていたディレクトリの場所でCygwinを開けるようになる。
f:id:greymd:20140915193114p:plain



Cygwinを削除したい場合

Winキー+Rキーでregeditと入力してレジストリエディタを開く。
f:id:greymd:20140915193621p:plain

下記のディレクトリへ移動

HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\CygwinOpen


右クリックしてCygwinOpenという項目を消去。
f:id:greymd:20140915193644p:plain

あとのアンインストール方法はGoogleなどで検索されたし。下記のサイトなどは参考になる。
不定期メモ: Cygwin をアンインストールする方法

*1:対象とするのは64bit版のCygwinである。32bit版で同様のインストール手順を踏む場合は"cygwin64"という文字列を"cygwin"に置き換えるとできるかもしれない。

*2:もしあなたの環境が32bit版なら、以降の手順に出てくる「cygwin64」という文字列を適宜「cygwin」に置き換えて読み進めていただきたい。それが意図しないものの場合は最初からやりなおすこと。

*3:「~.jp」のサーバを選んだ方が、速度は早くなるかもしれない。またhttpよりもftpを選んだ方が、若干転送は早いはず。

*4:ここで、存在する全てのパッケージをインストールすることを指示する解説サイトもあるが、それではダウンロードに数時間程度かかる。本記事では「必要になったらその都度インストールする」という方法を推奨する。